株式投資は難しいイメージが強いかもしれませんが、実はそこまで難しいものではありません。 確かに専門用語が多いので戸惑いますが、仕組みを覚えれば誰でも始めることができます。 まず、株式投資(リスク管理をしっかりしないと、思わぬ損失を被ってしまうことも少なくありません)と言う物は、株の売買によって生じる差額で利益を得ることを指す場合がほとんどです。 例えば、1万円で株(ネットでのトレードが主流となっていますね)を購入し、それを2万円で売ることができれば、10000円の利益が出ます。 逆に、1万円で買った株が5千円でしか売れなかった場合には、5千円の損失になります。 これが株式投資(主婦が夫の収入以上の利益をあげた!なんて本がよく売られていますね)の仕組みです。 こうして考えると、そんなに難しくはありませんよね? 要するに、安く株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)を買い、高く株を売ってお金を増やすというのが株式投資だと思ってください。 株価は常に変動するので、買うタイミングと売るタイミングを見極めるのが非常に重要になってきます。 タイミングは早すぎても遅すぎても駄目なので、常に株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)の値動きを見ておく必要があります。 それに、必ず失敗した時のことも考えて、投資をするようにしてくださいー